男性専用車両の導入の声を

女性専用車両の是非

女性専用車両は、痴漢の社会問題化や犯罪としての認知の拡大により導入された、乗車を女性のみに限定した車両のことで、痴漢から女性を守ることを目的に作られています。

 

ちなみに、この女性専用車両は男性が乗ってはいけないわけではありません。あくまで「任意」です。強制ではありません。

 

国土交通省は、「現行の女性専用車両は男性のお客様のご理解とご協力の下に、成り立っているものであって、強制的に乗車を禁ずる法的根拠もなく、男性のお客様を排除することもできない。あくまでご理解とご協力のもとで成り立っています」としています。

 

痴漢から女性を守るため、あった方がいいと支持される一方、一定以上の批判があるのも女性専用車両の特徴でもあります。

 

では、どのようなメリットとデメリットが女性専用車両にはあるのでしょうか?

 

メリット

痴漢の被害が減る

これが一番のメリット。また、痴漢が絶対にいないという安心感を、女性に与えることができる。

 

狙われている女性の逃げ場になる

頻繁に痴漢にあう方や、特定の痴漢に狙われている女性の逃げ場として利用できる。

 

痴漢に疑われる男性(冤罪)が減る

一般車両の女性の割合が減るため、結果、男性が冤罪被害にあう確立が減る。

 

デメリット

混雑増加

女性専用車両に男性が入れない分、一般車両が混むことになります。また、空いている分う他の車両の混雑率が上昇する。

 

空いている

必ずではないが、女性専用車両の方が空いている場合が多い。

 

男女差別

男女平等が叫ばれている世の中で、男性蔑視に繋がると見る方もいる。

 

一般車両に乗る女性には効果がない

女性専用車両はその車両を利用する女性にしか効果がなく、一般車両に乗る女性についてはむしろ痴漢被害にあう確率が高くなる。

 

いかがでしょうか。メリットがあるものの、デメリットもある完璧とは言えないのが現状ではないでしょうか。

 

そもそも主なメリットである「痴漢被害にあう女性が減る」という作用ですが、どの程度の効果があるのでしょうか?

 

私が調べてみた結果、本格的で長期的な統計は見つけられませんでした。どうやら大規模な調査は行っていないようです。

 

ただ、ある程度の規模の調査はいくつかありました。数ヶ月規模、路線ごと、新聞社の記事などです。

 

調査の内容は、女性専用車両を導入したことで痴漢が少なくなった調査結果もあれば、逆に多くなったという調査結果もありました。

 

「ええ!!?多くなったの!?」と、驚かれる方も沢山いるでしょうが、かなりの数が存在します。

 

導入後の一ヶ月目は減少したけれど、翌月はむしろ増加した、こんな結果がほとんどでした。減った数も増えた数も誤差の範囲程度です。

 

減った調査と増えた調査どちらが多いのかは不明ですが、少なくとも女性専用車両導入後、痴漢被害が目に見えて減少するような、一定以上の効果を出した路線はひとつもありませんでした。

 

驚くべき事実です。女性専用車両の最大の売りである痴漢減少の効果がないとなると、いったい何のためにあるのかよくわからないことになってしまいます。

 

むしろ、混雑増加や混み具合の不公平感を生み出しているわけで、デメリットしか残らないことになります。

 

恐らく女性専用車両自体には効果があるのでしょう。男性が入れないのですから痴漢の仕様がありません。

 

ですが女性専用車両以外の一般車両で普通に痴漢が出来ますから、一般車両で痴漢を働くだけです。

 

むしろ、混雑が増した分、痴漢がしやすくなるという側面があるため、統計でもあるとおり、痴漢がむしろ増加することも考えられます。

 

こう見てみますと、あまり女性専用車両というシステムはよろしくないのではないか?という疑問もわいてきます。

 

痴漢減少に効果がないのであれば、女性側にだって必要のないものですからね。

 

それなら効果があるとされる監視カメラなどの導入を求めていくのが効果的のように思えます。

 

少なくともある程度反対する人がいる制度ですから、それなりの効果を示す調査をして公表するのが筋だとは思います。

 

なぜ調査しないんでしょうか?調査したのに公表できない結果だったのだろうか・・・。

 

と、ここまで女性専用車両のことを書いてきましたが、私が賛成派か反対派かと言いますと、結論を言えば賛成派です。

 

まず、運用目的である痴漢対策として、その車両にいれば痴漢にあうことはないので、多少でも効果があるのは間違いありません。

 

なのにいまいち結果に反映されないのは、女性専用車両の効果で弾き出した痴漢が、そのまま一般車両で痴漢を犯しているからだと思っています。

 

つまり、現状、女性専用車両は一定以上の効果を持ちながら、その効力を最大限引き出しきれていないと考えています。

 

結論を先に言えば、私は女性専用車両の拡大が大切なのだと思っているわけです。

 

せっかく女性専用車両を作っても、少しの女性達しか入れず、多くの女性が一般車両に入ってしまえば意味がありません。

 

ほとんどの女性を入れられる規模の女性専用車両を用意することが重要なのです。

 

そうすれば女性専用車両の効果を最大限発揮させることができます。これは痴漢被害の劇的な減少を生み出すでしょう。

 

しかし、この案は男性側からすれば、ふざけるなと言われても仕方のない意見です。

 

女性の事しか考えていませんからね。

 

そこでタイトルのとおり「男性専用車両の導入の声を」です。

 

男性専用車両の導入の声を

男性専用車両を導入することで、女性専用車両拡大での男性側の不公平感を無くし、さらに痴漢冤罪のリスクを減らせるため、男性側にも充分メリットのある案になるのです。

 

女性の反対もないと思います。デメリットがないですしね。

 

痴漢被害を防ぐために女性専用車両があるのなら、同様に、痴漢冤罪を防ぐために男性専用車両を作る必要もあるべきです。

 

男性側の視点に立てば、痴漢冤罪は非常に厄介な問題です。男性側が圧倒的不利ですし、仮に巻き込まれれば失うものが大きすぎます。

 

できれば巻き込まれたくないし、回避可能なら回避したいです。男性専用車両があれば入りたい。

 

女性側の視点に立てば、痴漢被害をなんとかしたい。多くの女性が被害にあっている問題で、それなのにいっこうに被害件数が減らない。

 

できれば被害を受けたくないし、回避可能なら回避したいです。女性専用車両にできれば入りたい。

 

あれ??現状、男性も女性もお互いが一緒に乗ることを望んでいないではないですか。完全に意見が一致しています。

 

なら、話は簡単です。別れて乗車すればいいじゃないですか。お互いが望んでいるわけですから。

 

女性は痴漢の被害が無くなりますし、男性は痴漢冤罪の恐怖から解放されます。なにもかもが解決です。

 

「男女別れて乗る」シンプルで、お互いが納得して、費用もかからない。とても良い案ではないでしょうか?

 

その男女別れて乗る、という行為に必要なのが「男性専用車両」の導入です。

 

女性専用車両はもうありますので、男性専用車両を作れば必然的に男女別れて乗ることができます。

 

両者の車両の数ですが、不公平感がないように各路線の男女の利用率を調べ、それぞれの混雑率が同じになるよう車両の割合を決めます。

 

男性専用車両を前か後ろどちらかに、女性専用車両を逆に配置します。(交互に配置してもいいかと思います。)

 

友人、家族、恋人などと乗る方のために、共有スペースとして中間に一般車両を配置します。これで完成です。

 

中間の一般車両の割合を決めるのは難しいので、男性専用車両導入後に、ベストの車両数を決めていくのがいいと思います。

 

これで痴漢も無くなり、痴漢冤罪も無くなり万事オーケーです。

 

唯一の問題である混雑の偏りという心配がありますが、たいした問題ではないと私は思っています。

 

なぜなら今まさにその状態ですからね。一般車両がギュウギュウで女性専用車両がゆったり。

 

むしろ男性側が毎日ギュウギュウな現状の満員電車に比べて、日によって女性側が混んでいたり、日によって男性側が混雑している方が平等です。

 

男女どちらとも不平はないと思います。

 

あとはエスカレーターの位置の不満、長く歩くのがめんどくさいなどの不満があるでしょうが、少なくとも、これで痴漢が劇的に無くなるわけですから、男女ともに納得してくれると思っています。

 

いかがでしょうか。女性にも男性にもメリットのある案だと思います。男性専用車両導入と女性専用車両拡大。

 

痴漢被害、痴漢冤罪被害を無くすのに最適な案だと思います。みなさんの力で是非実現させましょう。

 

 

 

ツイッターやフェイスブックなどで男性専用車両実現の声を広げましょう。

2 Responses to “男性専用車両の導入の声を”

  1. 男性です より:

    激しく同意

  2. kimura より:

    女性専用車は女性にとって便利かもしれないけれど
    女性の価値を減らしてるよね

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ