それでもボクはやってない

それでもボクはやってないをご存知でしょうか?「Shall we ダンス?」を手がけた周防正行監督による、作品「それでもボクはやってない」

 

長い期間をかけ痴漢冤罪の実情を取材し、現在の日本の刑事裁判、人質司法に問題提起する社会派映画です。

 

内容はフリーターの金子徹平という男がある時、満員電車で女子中学生に痴漢と間違えられてしまことから始まる。

 

実際に痴漢をしていない金子は自分がやっていないのだから、やっていないと主張するのは当たり前、という普通の結論に至る。

 

しかし、示談で済ませるという妥協案を拒んだ彼に、想像を絶する苦悩や現実が立ちはだかる。

 

この作品を見て欲しいのは、実にリアルに作りこまれた映画だからです。

 

実に長い期間をかけて取材してきた作品でもあり、実際に起こった数多くの冤罪事件のエピソードを作中に含ませるなど、ためになる映画にもなっています。

 

男性の方は実際に主人公に起こった出来事を自分に重ね合わせることで、実際に痴漢冤罪の被害にあった時に、どう動くか考えておくといいかもしれません。是非一度見てみる事を勧めます。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ