裁判の有罪率は99・9%

痴漢の裁判になった場合、有罪率は99.9%、ほぼ有罪になります。

 

これは痴漢冤罪には「疑わしきは罰せず」「無罪推定の原則」が無いことが問題だと言えます。

 

また、捜査もずさんなことが多く、警察側も自称被害者側の立場で動くことがほとんどです。

 

結果裁判になれば必ずと言っていいほど被告が有罪になります。

 

今の痴漢裁判は始まる前から、ほぼ100%有罪判決になるとわかりきっているのです。

この現実から何を考えなければならないのか?

 

見てわかるとおり裁判で無罪を勝ち取ろうという行為は、ほとんどが無駄に終わります。

 

自分はやっていない、だから無罪を主張する。これは当然です。ですが現実はほぼ有罪が決まりきっているのです。

 

痴漢冤罪に関しては正義などない、これが現実なのです。

 

そうなると無罪を主張するということが必ずしも正しい選択肢ではないという考え方も出てきます。

 

ほぼ100%有罪になってしまうのですから、時間やお金のかかる裁判をするよりも、より建設的な選択肢を選ぶということも、間違いではありません。

 

たとえやっていなくても、示談で解決するという選択肢を選ぶのも現実的なのかもしれません。

 

もし仮に、あなたが痴漢冤罪に巻き込まれてしまった場合は、悔いが残らないよう行動しなければなりません。

 

どの行動が正しいのかは、あなた自身で決めるべきです。ただ、そのためには痴漢裁判の現状をよく知った上で決めることをお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ