「疑わしきは罰せず」「無罪推定の原則」がない

本来は「疑わしきは罰せず」「無罪推定の原則」が刑事司法の大原則であるにもかかわらず、痴漢裁判では被疑者・被告人が自らが無実であることを証明しない限り、有罪とされてしまうのが現実です。

 

この現状は「満員電車という密集した状況では目撃者が得られ難く、被害者側が圧倒的弱者」であるということと「被害者側が痴漢をでっち上げる理由がない」というのが主な理由になります。

 

確かに被害にあっている女性側にとっては、弱者救済のための処置として理にかなっているということが言えるかもしれません。

 

物的証拠が得られにくい痴漢で、「やっていない」と主張すれば捕まえられないのであれば、痴漢被害者数が劇的に増えていってしまいます。それは事実でしょう。

 

しかし男性側からすればたまったものではありません。

 

今の状態だと、女性側の勘違いだとしても、示談金目的にでっち上げられたとしても簡単に有罪にされてしまうのですから。

 

痴漢裁判で最も問題となっている事は、「なぜか痴漢したとされる側が痴漢していないことを証明しないといけない」という事にあります。

 

犯罪の立証責任は検察側にあり、立証できないときは被告人を無罪とする原則があるにもかかわらずです。

 

これは悪魔の証明に近いことで基本的に不可能です。99.9%が有罪の痴漢裁判がそれを証明しています。

 

普通の裁判では証言や証拠などを基に有罪無罪を決めていきます。そして確実な証拠が乏しい、根拠が薄い場合には、たとえ疑わしくても無罪になるのが原則です。

 

「疑わしきは被告人の利益に」という言葉があるように、推定無罪の原則は犯罪の明確な証明があったときにのみ有罪となり、それ以外の時は無罪となるのが近代国家としてはあたりまえの原則なのです。

 

しかし痴漢の場合は推定有罪の原則が当たり前になっています。

このように、原則に基づいて裁判が行われないことこそ痴漢冤罪が無くならない最大の理由であり、痴漢冤罪が社会問題化している原因でもあります。

 

この推定有罪がまかり通っているため、示談金目的に痴漢をでっち上げることや、男性をハメる手段に用いられることも多くなってきています。

 

やはり推定有罪は明らかにおかしく、痴漢裁判にも推定無罪の原則を当てはめなければなりません。

 

ただ、痴漢の場合、被害者の訴え以外に証拠を集めることが難しく、被害者以外の目撃者も極端に少ない。そのため女性や治安を守る上で致し方ないという状況でもあります。

 

ここで注意しなければいけないことが、この現状をただ嘆いていてもしょうがないということです。

 

この痴漢問題が「疑わしきは罰せず」「無罪推定の原則」から外れている事は現状、紛れもない事実なわけです。

 

その事実を受け入れずに満員電車の中で腕も上げずにいれば、痴漢に間違えられるということもありえるのです。

 

自分は痴漢なんて当然やっていませんから、否定します。やましいこともありませんから、駅員室にも行きますし、身の潔白を強く主張します。

 

すると、いつのまにか拘置所に連れていかれ、やっていないという主張が反省の色がないと受け取られ、証拠や第三者の証言もないまま有罪判決を下されてしまうかもしれないのです。

 

あなたは間違ってはいません。本来腕を上げで乗車する必要もありませんし、痴漢なんてやっていないのですから、やっていないと言うこと自体当たり前です。

 

ですが結果として捕まって有罪となってしまうのです。

 

要するに認識の違いです。「痴漢冤罪はたとえ自分が潔白だとしても有罪になってしまう恐ろしいものだ」と「自分はやっていないのだから有罪になるはずがない」という差なのです。

 

前者の認識を持っていれば、仮に痴漢容疑をかけられたとしても、その後の行動次第で最悪の事態を避けられたかもしれません。

 

しかし後者の考え方の場合、ただただ自分は間違っていないという主張しかすることができず、結果行動する選択肢を狭めてしまっているのです。

 

現状、「疑わしきは罰せず」「無罪推定の原則」が無いことが良い事か悪い事かを考えることは非常に重要です。

 

あなたの中では、「疑わしきは罰せず」「無罪推定の原則」に則って裁判すべきだ、それが正義だ、という考え方かもしれません。間違ってはいません。

 

ですが今現在「疑わしきは罰せず」「無罪推定の原則」が無い状態ということは間違いなく、あなたの信条にかかわらず、そのことを強く認識して行動しなければならないのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ