会社への報告

もし仮に痴漢容疑で逮捕・拘留されてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

 

一番の問題が会社です。多くの人が働いており、突然出社できなくなるというのは、非常にまずい事態になります。

 

自分が痴漢に間違われて逮捕された場合、会社に報告する場合と、しない場合があります。その判断は非常に難しい問題です。

 

拘留される期間が短いのであれば病気、体調不良などを理由に有給休暇を取りましょう。身内の不幸という理由もいいでしょう。

 

本人が連絡出来ない場合は、奥さん、弁護士から会社に連絡してもらいましょう。

 

しかし勾留が長くなる場合は問題です。10日以上の身柄拘束が見込まれるのであれば、状況を説明しないのは無理があります。

 

会社によっては長期休暇が不可能な場合もあり、痴漢容疑で逮捕されたことを伝える方がいい場合も出てきます。

 

この場合は、できるだけ伝える人数を最小限にしましょう。

 

直属の上司、もしくは信頼できる上司にだけ伝えるのがいいでしょう。

 

まず、口外しないで欲しいことを伝えます。そして痴漢容疑で逮捕されているが、自分は絶対にやっていないということをはっきり伝えましょう。

 

信頼できる会社の上司を味方に付けることが重要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ