迷惑料としての支払い

この先何日も拘留されて、会社を首クビになるのを考えれば、たとえ痴漢をしていなくても、示談金を支払って早急に解決するという選択肢は間違いではありません。

 

多くの男性が選択する結論でもあります。示談金を支払いさえすれば会社に知られることもないですし、金額はおおよそ10万円から30万円です。

 

高い金額ですが、会社をクビになることを考えれば背に腹はかえられません。

 

ただ、示談金を支払うということは、痴漢したということを認めているのと同義に近いものがあります。

 

お金を支払うことまでは仕方がないと思えても、痴漢を認めた事実が残るのは絶対に嫌だ、そう思う方が大勢いると思います。

 

そんな場合は「迷惑料としての支払い」をすることで問題を解決できます。

 

痴漢はしていないが、紛らわしい行為を行ってしまって、女性側にご迷惑をかけてしまった。そのお見舞い金としてお金を払うのです。

 

これで痴漢をしたという不名誉な称号を残すことなく自体を収集できるわけです。

 

少し名目を変えるだけで、痴漢をした、していないがはっきり変わってしまうため、知っていないとかなり損をするポイントになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ