弁護士費用の相場

では、弁護士費用の相場はいくらぐらいになるのでしょうか?

 

痴漢冤罪に巻き込まれた場合、事態の収拾に向けて弁護士の力が必要になります。

 

痴漢を認める、認めないも、法の専門家である弁護士と話しあって決めるのが最善です。

 

弁護士の役目としては検察官との話し合い、被害者との交渉、拘置所からの早期解放などがあります。

 

これらの行動に対して費用が発生します。その費用はどれくらいなのでしょうか?

 

おおよそですが、着手金30万円~50万円、報酬金30万円~50万円が相場になります。

 

ただ、弁護士の報酬は事務所によってかなり違ってきます。良い弁護士ほど高くつく傾向にあります。

 

ベストなのは予め痴漢冤罪に強い、費用が安い弁護士事務所の電話番号を登録しておくことです。

 

こうすることによって安く、実力の有る弁護士に頼めるだけでなく、痴漢冤罪に一番重要なスピードある対応も可能になります。

 

また、裁判で無罪を主張するなら、弁護士費用はいくらぐらい必要になるのでしょうか?

 

これは弁護士事務所により大きく異なりますので、事務所のHPで確認してもらうのが一番です。ただ、かなりの費用がかかるのは間違いありません。

 

その上、無罪になる可能性はかなり少ないのが現状です。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ