どうすべきが良いかを考えよう

痴漢冤罪で捕まった場合、自分はしていないのだから「やっていない」と主張する事が当たり前の事だと思われます。それはそうです。やっていないのであれば無実の罪ですから。

 

しかし、そんなに甘いものでもありません。

 

身柄を拘束され仕事、家族、信用を失う恐れがあります。有罪率99%を超えるとされる裁判で「絶対に痴漢をしていない証拠」などという無理難題を提出しなければなりません。

 

そこで勝てたとしても何も得られず、残るのは裁判費用だけです。

 

痴漢裁判に正義など存在しないのです。

 

あなたは取捨選択しなければなりません。何を一番望むのか?

 

「この人痴漢です」と叫ばれたのなら、あなたは何かを選び、何かを捨てなければいけません。

 

例えば、どうしても痴漢をしたという汚名を返上したいのなら、どんなに時間がかかっても裁判で争うべきだし、今の日常生活を、仕事を失いたくないと考えるのなら、たとえやっていないとしても罪を認め示談で解決するという選択肢もあります。

 

痴漢冤罪に巻き込まれたのなら、腹をくくり何かを捨てるという選択肢を考えた方が良いのかもしれません。

 

痴漢冤罪に巻き込まれた場合、予めどうすべきかを考えておくことも大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ