弁護士によってもどう対応すべきか変わる

痴漢冤罪の問題が非常に難しい一例として、法に詳しい弁護しでさえ、どう行動すべきが正しいのか、弁護士によっては間逆の回答になるということが挙げられます。

 

「この人痴漢です!」と、あなたの手を捕まれて叫ばれたら、どう行動するのが正しいのでしょうか?

 

それでは弁護士ごとに、どう行動するのが正しいと主張されているのかを見ていきましょう。

 

A弁護士の場合

状況によって変わってくるが、「自分ではない。」と明確に主張すべき。

 

ただ主張するだけではなく、その場に居合わせた人に「自分が痴漢をしていないということを見ていた人はいないか」「真犯人を見た人はいないか」など確認を取ることが大事。

 

また重要な証言をしてくれそうな方には名刺交換や電話番号を交換しておきましょう。

 

絶対に逃げないようにすべき。逃げた場合は罪証隠滅、逃亡の恐れありとみなされて長期拘留もありえるし、裁判での心証も悪いです。

 

基本的に逃げてもほとんどの人が捕まってしまう現実もあります。

 

B弁護士の場合

駅事務室に行かず、名刺もしくは免許証を渡して堂々と立ち去る。

 

駅事務室に行けば基本的に警察に自動的に引き渡されます。駅員には判断する権限も、解放する権限もないからです。

 

警察に引き渡されれば自動的に最大23日間拘置所に入れられますので、生活に多大な影響があります。

 

ですので免許証などを差し出すことで身分を明かし、逃亡する恐れがないことをわかってもらうことで拘置所に入ることを免れるのです。

 

ポイントは堂々と歩いて立ち去ることです。その後すぐに弁護士に依頼してください。

 

C弁護士の場合

一番お勧めするのはとにかく逃げることです。

 

痴漢に間違われた際に絶対にやってはいけないことが、駅の事務室に行ってしまうこと。

 

その場で警察を呼ばれるため、そこから長時間拘留されてしまいます。

 

会社員などは数週間休むことなど許してはくれませんので、捕まる即、生活基盤の崩壊に繋がります。

 

ただし、足に自身がない場合は大人しく捕まった方が無難です。ホーム上ですぐに弁護士に連絡しましょう。

 

D弁護士の場合

拘留されても断固として罪を認めない。

 

痴漢事件の場合、認めれば早期に釈放され、認めなければ逮捕されて勾留されるというのが通常です。 しかし、やっていないのであれば争うべきです。

 

優秀な弁護士を雇いましょう。それでも釈放されない場合もあります。ですが、痴漢を認めてしまえば一生その汚名が付いて回ることになります。

 

難しいとしても、やっていない事はやっていないと主張すべきです。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ