痴漢に間違われないようにするには

痴漢に間違われたら一大事です。できる限り間違われないよう行動しなければなりません。

 

1.満員電車に乗らない

乗車する場所、時間を調整して満員電車に乗らない、これが最も確実な方法になります。

 

電車も改札に近い場所は混む事が多いのでなるべく人の少ないところを選びましょう。

 

2.人ごみを避ける

実はすれ違いざまに胸やお尻に手がぶつかるという事はよくあることです。それで痴漢扱いされる場合もあります。

 

駅の改札口やデパ地下などを通る時は充分注意しましょう。

 

3.女性の近くにいかない

女性に近づかなければ痴漢扱いされる事はありえません。女性全員から距離をとったポジションに陣取りましょう。

 

できるだけ窓側を向いておき女性を見ることも止めた方がいいです。女性を見てると不振な人と勘違いされる可能性があります。

 

4.電車を降りる際に注意する

電車を降りる際のドサクサにまぎれて痴漢を働く人がいますので、勘違いされやすいです。偶然に手が女性に触れる事もよく起こりえます。

 

降りる時は両手を上げながら移動するといいでしょう。

 

5.あやしい男の側にいない

手馴れた痴漢ほど、被害者にばれないように自分と被害者の間に他人を挟むようにしています。

 

怪しい男が近くにいないか確認することで、誤解される可能性を減らします。

 

6.近くにいる女性が痴漢されていないか見張る

誤解は痴漢がいるから生まれるわけです。もし仮に満員電車で女性の近くに行かなければならなくなった場合、痴漢されているか見張っておきましょう。

 

7.手を上げる、荷物を持つ

こうすることで誤解を生まないようにします。

 

8.目的なく満員電車に乗らない

痴漢は痴漢するために目的もなく行ったり来たりを繰り返します。なので、必要もないのに満員電車に乗るのは印象が非常に悪いのです。

 

仮に、仕事が始まるのが午後なのに、朝の満員電車に乗った場合。捕まったときに非常に不信感を持たれます。

 

警察、裁判で不利になるでしょう。

 

9.露出度の高い女性に近づかない

示談金目的で痴漢をでっち上げる女性は派手で露出度の高い衣服を着ていることが多いそうです。

 

できるだけ近づかない事が肝心です。またお金目的の場合、あまり高価な時計などをしている場合、ターゲットにされやすくなるので注意です。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ