痴漢冤罪のリスクは誰にでもある

多くの男性が週5で電車に乗っているのに、痴漢冤罪なんでドラマや漫画でしか起こらないものだと考えている方がほとんどです。

 

しかし、本当にそんな楽観的な考え方でいいのでしょうか?痴漢冤罪のリスクは誰にでもあり、そして思った以上に身近に存在しています。

 

いつ自分が被害にあってもいいように心がけている事が大切です。そのために必要な事は何か。

 

突然女性から「この人痴漢です」と言われたとき、あなたは冷静でいられますか?

 

「え・・・・・。え?いいいいいいいや、ぼぼぼく痴漢してないですよ」なんて動揺していたら余計怪しいです。

 

冷静に自分が痴漢でないことを説明できますか?「身分は明かしているので、何かあったら連絡ください。」と毅然とした態度がとれますか?

 

瞬時に、そして冷静に対応するのは非常に難しい事柄なんです。

 

あらゆる痴漢冤罪のパターンに対応できるようにするにはどうしたらいいのか?

 

そのためには痴漢冤罪を身近なものと理解し、頭の中でシミュレーションする事が大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ