海外での痴漢

痴漢が多い日本。では海外ではの痴漢事情はどんなものなのでしょうか?

 

実は痴漢は海外ではポピュラーなものではありません。

 

そもそも痴漢行為は満員電車などで行われるものですが、外国では祝日などの特別な日以外に、日常的に満員電車があるという状況がありません。

 

ですので痴漢行為が生まれ難い土壌があります。

 

アメリカの大都市では電車が満員になることも頻繁にあるようですが人権が強い国ですから、莫大な慰謝料の事を考えると、痴漢の数は多くはありません。

 

また、海外の男性は触れるだけで性的に満足すること自体がおかしいと考える方が多く、理解に苦しむ行為だそう。

 

国ごとの性格も関係するそうで、日本は積極的でない性格の方が多く、そういったことも痴漢に繋がっています。

 

普通の国では痴漢するぐらいならナンパをする、そういったところが多いそう。

 

ただ、日本が絶対的に悪いということでもありません。

 

他の国では痴漢をするぐらいなら最後まで襲う、という考えが一般的なのです。それと比べるとまだマシと言えるかもしれません。

 

最近では韓国やブラジルの地下鉄でも痴漢が発生しているそう。海外に行く際には充分注意しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ