DNA型鑑定

最近では,被疑者の指に付着した衣服の繊維の鑑定やDNA型鑑定など、痴漢裁判でも科学的な捜査が重視されるようになってきました。

 

しかし、まだこのような科学的捜査手法も、DNA型鑑定も決して完璧とは言えないのが現状です。

 

それでも物証が非常に得られ難かった痴漢・痴漢冤罪において重要なファクターなのは間違いありません。

 

あなたが女性で痴漢を捕まえたとして、相手側が「痴漢などしていない」と容疑を否認した場合、触られた服を無闇に触らず、保存することが大切です。

 

痴漢の手からはあなたの服の繊維が出てくるかもしれません。ですので駅員さんなどに相手に手を洗わせないようにお願いするのも有効です。

 

逆に男性側がやってもいないのに痴漢扱いされた場合は、女性の服を丁寧に扱ってくれと頼んだりすることで証拠のひとつとすることや、たとえ証拠が出なくても裁判などで心証が良くなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ