自称被害者にならないために

痴漢が社会問題として取り上げられてから長い年月が経ちました。

 

そして、現在痴漢冤罪問題が取り上げられています。

 

基本的に痴漢問題は被害者側である女性に物凄く有利に裁判が進みます。

 

本来裁判では「疑わしきは罰せず」「無罪推定の原則」が根底にあります。

 

ですので普通は証拠がない場合は、被害者である女性側が加害者が痴漢を行ったという証拠や目撃証言を提出しなければなりません。

 

ですが痴漢裁判の場合、この「疑わしきは罰せず」「無罪推定の原則」が当てはまりません。

 

その理由として挙げられるのが、痴漢という犯罪は証拠や目撃証言が出難い犯罪であるため「被害者を保護するため」というものがあります。

 

確かに、証拠も目撃証言もない場合、犯人が「やっていない」と言うだけで無罪になってしまうのであれば、痴漢という犯罪が激増してしまうため、致し方ない部分もあるのかもしれません。

 

しかし、それが痴漢冤罪や示談金目的の痴漢でっち上げなどを生み出しているのも現実です。

 

これらが良いのか悪いのかはとりあえずこのページでは置いといて、この現状がひとつの問題を生み出しています。

 

それが女性側が自称被害者扱いを受ける場合があるということです。

 

現状、裁判は良い悪いは別にして女性側が圧倒的有利です。

 

裁判では99.9パーセント勝てます。指に持病があって動かすと激痛が走るという診断書があっても男性側が負けるレベルです。

 

男性側は負けて当たり前、女性側は勝って当たり前です。

 

しかしこれは言い換えれば「裁判の結果が真実ではない」ということを表しています。

 

それはそうです。被害者側が99.9パーセント勝てますからね。証拠が有ろうが無かろうが。

 

そうなるとひとつの問題が生まれます。それが「この人本当に痴漢被害にあったんだろうか?本当は痴漢をでっち上げたんじゃないのか?」という視線に晒されることです。

 

女性側は裁判には勝てるでしょう。でも女性の周りの人があなたが痴漢をされたということ信じてもらえるかは別です。特に男性側から。

 

なぜなら、女性側は裁判で勝って当たり前だからです。本来なら裁判で勝つという事は一定の信頼が得られます。「ああ、この人勝ったんだな」と。

 

ですが痴漢裁判は違います。痴漢裁判では痴漢をでっち上げた女性でも簡単に勝ててしまいますから。信頼性ゼロなんです。

 

基本的に女性は痴漢に対して嫌悪し痴漢冤罪を軽く見る傾向があります。逆に男性側は痴漢冤罪に対して嫌悪し、痴漢被害を軽く見ます。

 

なので、例え裁判で勝ったとしても周囲の人から「ひょっとして、この人痴漢でっち上げ犯なんじゃないか」という視線を受けて生きていかなければならない場合があるのです。

 

こういった自体は避けたいはずです。本当に被害にあっているわけですから、そんな目で見られるのはとても辛いことになるはずです。

 

そこで、そういった自体を避けるために証拠写真・証拠映像を撮った後に捕まえる。これを実践していきましょう。

 

証拠写真・証拠映像さえあれば、あなたが被害者ということが万人にわかってもらえます。あなたを痴漢でっち上げと非難する声も無いでしょう。

 

冤罪だと主張され加害者に逃げられることもありません。裁判もスムーズに進み一石二鳥です。

 

今現在、痴漢冤罪という問題が世に知られ、多くの人が痴漢裁判はおかしいと声をあげているのが現実です。

 

捕まえる際は万全を期すため、写真・動画で決定的証拠を確保してから捕まえましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ