痴漢が起きやすい時間帯

痴漢が起きやすい時間帯は午前8時から9時が飛び抜けて多く、次に午前7時から8時になります。

 

この時間に痴漢被害全体の約30%が集中して発生しています。

 

いわゆる朝の通勤時間帯です。混雑具合が一番な事と、急行などによって通過する駅が多くなることで長時間痴漢行為ができるため、痴漢にとって都合がいい時間帯なのです。

 

言い換えれば、痴漢被害に会わないようにするには出社時間を早めるなど、混雑帯を避けるということが有効になります。

 

また、より強引に痴漢をする強制わいせつ罪適用の痴漢は、午後11時から午前2時までの深夜帯に最も発生が多くなっています。

 

この原因ひとつとして、酔っ払いの男性がこの時間帯に増えていることが挙げられます。

 

お酒を飲んで家に帰る途中、酔った勢いで痴漢行為に及ぶのです。

 

ですので、この深夜帯に電車を利用するという方で、電車が繁華街などが隣接する駅を通過しなければならない場合は注意が必要になります。

 

可能であれば危険な時間帯に電車に乗らないでもいいように、引越しすることがベストです。

 

電車内で痴漢に頻繁に会うという方や特定の男性に狙われているような方は検討してみるのも良いと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ