痴漢対策&痴漢冤罪対策まとめトップ

812720770近年一段と社会問題化してる痴漢。痴漢の被害に合う女性の数は減らず、痴漢被害に合われた女性は全体の3割に上る調査もあります。

また20代~30代の女性に限れば約6割の方が被害に合っているという調査もあるほど深刻なものになります。

主に電車などの公共交通機関内で発生するイメージですが、深夜の帰宅や混雑するデパートなど生活環境全般で起こりえます。

自身のゆがんだ欲望を満たすために、か弱い女性をターゲットにする痴漢行為は、極めて卑劣で悪質な犯罪行為であると言え、断じて、許されるものではありません。

それに加え、最近では痴漢冤罪が取り立たされることも多くなっています。痴漢をしていないにもかかわらず、痴漢加害者とされ、職、家族、社会的信用を奪われてしまうことがあるのです。

被害を受けた女性が、近くにいた別の男性を犯人と勘違いするケースもあれば、最初から痴漢行為など存在しないのに、示談金を目当てに、うその痴漢行為をでっちあげるというようなひどいケースもあるようです。

この背景にはは推定無罪の原則の無視した痴漢裁判の存在があり、容疑者がやってないことを立証する半ば不可能なことを強いられる現状がある。またそれにつけこみ多額の示談金を要求する悪質なケースが増えてり宇野も問題である。

このように痴漢は女性の問題であるに加え、男性にも問題のある事柄になります。

 

痴漢・痴漢冤罪の被害に合わないために

chikan痴漢・痴漢冤罪は今後とも怒り続けるでしょう。ですので我々は女性、男性ともに痴漢・痴漢冤罪に対して自衛しなければなりません。

そのためには痴漢・痴漢冤罪にはどのような背景があり、どのようにして起こり、どのように対策すればいいのかを知る必要があるのです。

このサイトでは痴漢・痴漢冤罪のニュースや実情をまとめています。痴漢が狙ってくる女性の特徴や痴漢冤罪裁判の難しさなどの役に立つ情報をまとめていきたいと思います。

男性女性一丸となって痴漢・痴漢冤罪に立ち向かって行きましょう。

 

 

※免責事項
このサイトはあくまで痴漢・痴漢冤罪のニュースや記事、対策をまとめたものとなります。ですのでどの対策が良く、どの対策が悪いなどとはいっさい断定しておりません。あらゆる情報を集めることを主目的とし、このサイトでまとめた対策を推進しているわけではございません。この情報はあくまで痴漢・痴漢冤罪に対しての一意見として覚えておくことを前提とし、もし仮にその知識を利用するのであれば自己責任でお願いします。仮に何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとしますのでご了承ください。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ